沼にはまったオタクの話。

好きなことを好きなように。

相性がいいのは…

 

私はふと考えた。

 

嵐と1番相性がいいのは誰か。もちろん安定のTOKIO兄さんや関ジャニは除く。

 

この相性というのは、テレビやラジオなどにおいての共演という意味。

 

私が嵐と1番相性がいいと直感で思ったのはズバリLove-tune

情報局の動画をみれば一目瞭然だが彼らは非常にバランスが良い。

 

それではなぜ私が嵐とLove-tuneが相性が良いと思ったのか、理由をいくつか紹介したいと思う。

 

f:id:magnet_nejuhi:20180130222908j:image

 

①窓口になる存在

殆ど絡んだことがない先輩に対して必要になってくるのが「窓口」 という存在。その存在が森田美勇人だ。

f:id:magnet_nejuhi:20180130223131j:image

皆さんもご存知、相葉ちゃんと手巻き寿司をした彼。ジャニーズという縦の列を大事にする事務所であれば「関わりある人は?」というトークは鉄則である。しかも彼は結構最近に嵐のツアーについた訳だから嵐の面々もみんな知っているだろう。美勇人がいれば掴みはバッチリである。

 

 

②保護者になる存在

Love-tuneの保護者はもちろん安井謙太郎だ。

f:id:magnet_nejuhi:20180130223524j:image

先輩にグイグイ行くのが苦手、という彼だがオモテではいつも先頭に立ってリードしてくれるはずだ。しかも嵐とトークする上でちゃんとメンバーそれぞれのエピソードをまわしてくれるはず。1つ質問があれば「○○が…」と言ったように、全員に見せ場をつくってくれるはずだ。

 

 

さらにもう1人、みんなの1歩後ろに立ってくれるのが真田佑馬だ。

f:id:magnet_nejuhi:20180130223914j:image

実は彼も、嵐のバックについたことがある。まだ国立をやっていた時代だ。嵐が覚えているかは分からないが、もし覚えていなければ「いたっけ?」トークができるわけだ。

 1歩後ろで見ている存在だからもし、長妻や諸星が踏み込みすぎてしまった場合、首根っこを掴んで暴走を止めてくれるはずだ。

 

 

③尊敬する先輩

先輩グループと接するうえでやはり大事になってくるのが、尊敬する先輩。

Love-tuneでは阿部顕嵐松本潤をあげている。

f:id:magnet_nejuhi:20180130224428j:image

尊敬する先輩が松本潤で、その松本潤と誕生日が同じなのが顕嵐。自分から言わないにしろ誕生日が同じだというエピソードは必ず謙ちゃんがだしてくれるだろう。

 

④危険人物

危険人物、といってもここでいう危険人物は褒め言葉。一人目の危険人物は諸星翔希

f:id:magnet_nejuhi:20180130225000j:image

なんて言っても彼は少し馬鹿だ。馬鹿ということは危険な発言をする可能性があるということだ。しかしそんな馬鹿が見つかれば、二宮さんの新しいオモチャになるだろう。何かネタになるものをみつけて、それを振って遊ぶのが二宮さん。ネタが出来れば櫻井くんだって率先して振ってくれます。

 

そして2人目が、ちょっとおかしな動きをする長妻怜央

f:id:magnet_nejuhi:20180130225346j:image

一言でいえば大型犬。この愛らしさと、変な動き、変な発言。松本潤に好かれるはずだ。これもメンバーはヒヤッとするかもしれないが、嵐のメンバーは面白がってくれるはずだ。

 

結局、暴走しても謙ちゃんや、さなぴーが歯止めをかけてくれる。二人はギリギリまで自由にさせておくことが嵐との相性の良さを生み出すのではないだろうか。

 

⑤秘密兵器

私は人との距離を縮めるのはが1番上手いのが、萩谷慧悟だと思っている。

f:id:magnet_nejuhi:20180130225718j:image

彼は多分、テレビで映るようないわゆる出しゃばると言ったようなことはしないと思うが、カメラの後ろの方で着々と、大野さん相葉ちゃんと距離を縮めてくれるだろう。萩ちゃんのあの雰囲気、特に大野さんとは波長が合うと私は勝手に思っている。

 

⑥まとめ

つまり、Love-tune

窓口・保護者・危険人物・秘密兵器に加え、尊敬する先輩がいるボーナス点

をかねそなえたグループだ。

 

個人では意味がなく、あくまで嵐とLove-tuneが共演することが重要である。

他のグループで考えてみたが、やはりこのようなグループは思い浮かばない。

 

嵐は基本的にバラエティスキルが高い、Love-tuneにもそういったスキルが高いメンバーがいる中、バラエティ経験がほとんどないメンバーもいる。それが、いいエッセンスとなり、とても面白い番組になるのではないかと、私は思う。

 

 

いつか、嵐とLove-tuneがバラエティで共演することを願い、今回は終わりにする。

 

 

※あくまでいちファンの主観です