沼にはまったオタクの話。

好きなことを好きなように。

HiHiJetsさんご新規様必須科目 後編

 

③友よ (タッキー&翼)

f:id:magnet_nejuhi:20180827135808j:image

2018年3月2日に放送された少年倶楽部でHiHiJetが5人体制になり、初めて披露された曲です。

 

収録が2/19でそれ以前から実はHiHiに作間くんが加入するとかしないとか…言われていた時期がもう懐かしいです。ちなみにこの後にあったシアタークリエの会見(2/23)で正式に加入が発表されました。

 

この回の少年倶楽部は優斗くんがエンディングの締めの言葉を任されていました。通常なら「また次回お会いしましょう!ばいばい」の言葉で番組が終わるのですが、優斗くんその言葉の前に「これから僕たち5人、よろしくお願いします」付け足したんですね。

収録時点ではまだ正式に発表はされていなかったのでザワついた部分もありましたが、作ちゃんHiHiリターンです。

 

HiHiに自担がいながら作間くんを知らない人は少なかったとは思いますが、やっぱり批判はありました。そりゃ元あったカタチを崩すんだから当たり前です。 

 

これはあくまで個人的な考えなのですが、本当に一瞬HiHiJetsとして活動を共にしていた作ちゃんがグループから外れて約2年経っていましたが、Jetsから再びJetに戻ってもHiHiJet4人の1番近くにいたのは多分作ちゃんです。

 

2017年1月の冬帝劇で優斗くん、猪狩さんが不在だった時アンダーとしてやってくれたのは作ちゃん。

同じ年のクリエで猪狩さんが怪我をして出れなくなった時、猪狩さんが立つはずだった場所には作ちゃんが立ってくれていました。

 

そうじゃなくても作ちゃんはローラー隊としてずっと一緒にいろんなことをやってきた存在で私も作ちゃんが本当に器用でスキルも高いことを知っていたから加入を知った時はとても嬉しかった記憶があります。

 

さらに、加入後すぐに発売された様々な雑誌で加入の経緯を話してくれている対談。

「4人での限界を感じでいた」

彼らそう言ってました。私も正直それは感じていて、だからHiHiは好きだけど、どうしてもグループとして応援することに踏み切れなかったんです。

多分2017年はHiHiJet的に苦しくて、悔しくてそんな1年だったと思います。

私自身、B少年に押され気味なのは感じていたし、まず4人グループはパッとしないとさえ思っていて1人増やして欲しいと思ってました。

 

それが作ちゃんで、なんかやっとパズルのピースがハマった感じ。あのパフォーマンスをみて確信しました。

 

この曲からHiHiJetsが始まった、ファン的にはとても大事な曲です。

 

 

④HiHiJet 紹介ラップ

通称だぁ〜くねすどらごん 

何かの圧力でだぁ〜くねすどらごんとは表記されない

 

2018年クリエで初披露され、公演期間中のMCにて本人たちの提案とその際、会場にいたファンによりタイトルが決定しました。

さらに同年のサマステでパワーアップ。歌詞がプラスされました。

 

8/10に放送された少年倶楽部はクリエで披露していたものと同じ。

 

どこのグループにもメンバー紹介のラップがあるけど、これは時代と共に歌詞をガラッと変えたりもするから、HiHiの紹介ラップもどんどん更新されていくのかなって楽しみです。

 

そしてこれ、あの猪狩蒼弥が作詞です。あの人はヤバい。これを機に多くの人が気づいたと思います。これまではHiHiで1番ローラーが上手い奴という認識だったのが一気にとんでもねぇ才能を持った奴に変わったような気がします。

 

少なくともこの曲でノックアウトされた人間がいたし、いい意味で界隈のHiHiのイメージを変えた曲だと思います。

 

猪狩さん、あなた天才だよ!!

 

 

 

そんなこんなで、思ったことをダラダラとそのまま書いたので文章は小学生以下だけど私の感情がそのまま伝わればいいなと書いてみました。

 

今回はパフォーマンスをみて欲しいというよりも、曲に関するエピソードだったり過程をあえて詰め込みました。

パフォーマンスは自分の目でみれば分かるけど、過去の確かな情報を知るのは意外と大変だったりもするので、これが少しでもヒントになればいいなと思っています。

HiHiJetsさんご新規様必須科目 前編

 

HiHiJetsさんも夏のEX乗り越えて、あれ?いい波のってる?なんて私は思った訳です。

(スタンディング苦手なお姉さんは現場には行ってないけどね……)

 

Twitterとかみててやっぱり作ちゃんのファンが増えた印象。私は優斗くんのオタクだし、コンビなら圧倒的少数派な「はしゆと」推し (はしゆとについてもそのうち書きたい)だけどまぁあれは沼よな。

 

って前置きはここら辺にして、この夏HiHiを応援してくれる方が増えたことを私もひしひしと感じているので、まだまだ全然分からない!って方に、HiHi担するならここは押さえてほしいなってものをピックアップしてみました。

 

とか言って私も優斗くんのオタクだから初期のHiHiに別に思い入れはないです。だからホントに個人的なものなので参考程度にみてくれる人がいたら嬉しいです。

 

 

①HiHi Jet

f:id:magnet_nejuhi:20180824220434j:image

流石にこれはもう抑えていると思うけどマストで。

この曲まぁパターンが多い。どれ見てもらってもいいと思います。あとこの曲なぜか最初HiHi JET表記だった。気づいたらJetになってた…んで今は歌詞がJetsになってる。

グループと共に進化する曲かもしれないです。

 

私が押さえて欲しいのはパフォーマンスというより、この曲がHiHiに帰ってくるまでの道のり。こんなこと言ったら語弊があるかもしれないけど、私はそう言っても過言ではないと思っています。

 

ジャニーさんよっぽどこの曲好きだったのか、当時はHiHiじゃない人がめちゃくちゃ歌ってました。当時は社歌だと言っていたけど私も思ってました。おかげで君とJETなDOするLIFEなう 中毒になる人続出。

その後、本人達も勇気100%みたいな〜とか言っちゃって。JUMPの知念ちゃんは歌ったことないはずなのにちゃんと知ってて雑誌の取材の合間に歌っていたらしい…これ割と最近の話。

 

この曲けんしょりがMステで歌っちゃって、大袈裟に言えばHiHiはto the moonのとこしか歌ってねぇ…しかもはしみずだけな。

ちなみにこの時、優斗くんはドセンで謎の玉を操っている。

 

HiHiについては…あれは本人達的にも黒歴史だと思うから伏せておきます。気になる人はTwitterとかに動画あるので漁ってみてください。

 

Mステにけんしょりが出たのはジャニワ括りで、このジャニワでHiHi Jetは複数回歌われています。で平野紫耀が座長のジャニフワ。この舞台でも歌われています。もちろんHiHiJetはいません。

 

そして、局動画ですね。ジュニアがワンカメをしている映像が全部で4つあるのですが音源はキンプリ。またHiHiはto the moonだけだし。この局動画の歌声聴いてもらえば当時HiHiJetという曲がHiHiのものであり、そうではなかったと言うことが分かると思います。

 

HiHiJetは社歌だった

 

ここテストに出ます、覚えておきましょう。

 

 

 

②Welcome To My Home Town

この曲も周知だとは思うんですけど、作ちゃんが帰ってきてこの曲はHiHiを語る上ではずせないと思ったので。

 

 HiHiJetsさんが今年に入って擦りまくっているのでHiHiの曲と思っている方も多いかも知れませんが、別にHiHiの曲ではないんですね。

 

この曲は当時のJohnnys'5の歌。このユニットは2016年のDREAM BOYSのためだけに結成されたユニット。劇中ではジェットボーイズというアイドルグループの設定です。

f:id:magnet_nejuhi:20180824220838j:image

HiHiに海ちゃんが入った感じ。

HiHi的にはJet(4人)→Jets(8人)から初期3人と優斗くんだけが残り再びJetになったのはほぼほぼこのタイミング。

 

当時は海ちゃんwith4人だったからほぼ海ちゃんの歌みたいなものだっけど、今年に入りHiHiが擦りまくってるからドリボでやるのかなとは思っています。

 

余談だけど、この年もジャニーさんのHiHiJet(曲)好きは健在で、帝国劇場でジェットボーイズしてるかと思ったら、 日生劇場に現れてHiHiJet(ユニット)してました。

この辺もHiHiJet不憫エピソードがあるので気が向いたら書こうかな笑

 

 

長くて、雑な文章にお付き合いくださりありがとうございます。気が向いたら後編も読んでください。

年中無休

 

7月の29日くらいのお話なので随分と経ってしまいましたが書きます。

もう時間が経ってしまってボヤボヤですが…(自分への戒め)

 

またまた、ふぉゆさん行かせていただきました。

 

も〜楽しい、楽しい、楽しい。

 

今回は2階席だったんだけど、ど真ん中で。1列目だったこともありまぁよくみえる。

劇場が狭いしね。

 

ふぉゆさんなら推しは辰巳くんだから基本、辰巳くんみてるんだけど、まぁ彼はいい。

以前、ダウンタウンDXに出ていた時に松本さんにいいねって言われていたのが印象的だったんですけど、ホントにそれ。

 

とか言って個人的にはDISCOTIQUEの辰巳くん見学を引き当てたので、今年3回目の辰巳くんで、ふぉ〜ゆ〜の辰巳くんはお初。

やっぱりグループっていいですね、お話の内容もあるとは思うけど、みんなが本当に楽しそう。

 

ストレートよりミュージカルが好きなのもあって、お歌がたくさんきけたのは本当に楽しかった。

 

あとカテコね。4人で踊るところ。やっぱりジャニーズ、アイドル!!!

 

次は厨房行かせていただくので、それも楽しみにしています。

 

 

ざっくりですが、今回はこのへんで。

 

安井くんに感謝しかない話。

 

まず、安井くんお誕生日おめでとうございます。

 

といっても、らじらーの放送終わるまで待ちたくて時間ギリギリになってしまいました。

 

さぁ本題です。

ここからは優斗くんのファンの私からみた安井くんのお話をします。

 

私は2015年の10月頃からなんとな〜く、優斗くんを応援しているわけなんですけど、優斗くんを語るうえで、らじらーの話は欠かせないと思っています。

それってつまり、優斗くんを語るうえでは安井くんの話は欠かせないということです。

 

優斗くんを応援し始めてしばらくして、ラジオが決まって。私はすごく嬉しかったんですけど、あの安井くんと。ってなった時にやっぱり冷たい反応も多くて。

当時はそれに負けたくないといって、燃えていた優斗くんも知っていたけど見ている方からしたらやっぱりなんとなくしんどくて。

 

その後にHiHiに加入することが決まって。多分、優斗くんのHiHiという活動が動き始めたのが2016年のドリボで。

あの時は多分、本人的にもきっと辛かった時期だと思うんです。

 

優斗くん自身は上へ上へといくけど、周りは冷めたまんまみたいな。

 

優斗くんの話が長くなっちゃったけど、その時に救いになってくれたのがきっと安井くん。

今日のラジオでも言っていたけど、優斗くんは決して器用なタイプではないから先輩とコミュニケーションを取ることも苦手。

 

でもあの当時、安井くんだけが、優斗くんを理解してくれて、認めてくれてた存在だったのかなって。言い過ぎかもしれないけど、それくらい優斗くんのファンの私からしても大きな存在。

 

今の優斗くんが築き上げたポジションはもちろん優斗くん自身の力でもあるけど、上へ上へと引っ張ってくれた安井くんのおかげでもあります。それは優斗くんを見ていれば一目瞭然。優斗くんを見ているとちょっとしたタイミングで安井くんを感じるんです。(私のエゴかもしないけど)

 

今日のらじらーで安井くんが、一緒に並んで歩いているつもり。そう言ってくれて本当に嬉しくて、涙が溢れました。

 

優斗くんのいつも隣にいてくれて、1番理解して、認めてくれるのが安井くんで本当によかった。

 

結局、ほぼ優斗くんのお話になってしまったけど、それくらい優斗くんのファンとしては優斗くんと安井くんを結びつけてしまいます。

 

 

安井くん、本当に優斗くんをありがとう。

これからもよろしくお願いします。

 

そしてこの、らじらーという2人の番組が少しでも長く続きますように。

 

ジャニーさんが生み出してくれた、やすゆとコンビはめちゃくちゃ最高です。

 

 

最後に、安井くん本当にお誕生日おめでとうございます。

27歳の安井くんが幸せでありますように。

 

f:id:magnet_nejuhi:20180722000444j:image

 

標への道

 

冷静にみれるようになったので、書いてみようかなと思います。

 

 

優斗くんって私にとって、太陽みたいな人で。アホなこと言うし、ちょっとおバカだけどいつも全力で。

大げさとかじゃなくて、例えばラジオ。あれきいて優斗くんの声きいてるだけで本当に自然と笑顔になれちゃうし、元気が出るんです。

 

ときどき、雑誌のテキストで真面目なことを話すこともあるけど、それはあくまで活字。しかも結構時間が経ってから知ることだったりもするから、「そんなこともあったんだね、成長したね。」って割と冷静に見てたんです。

 

だけど昨日のは私もちょっと悔しかったかな。

だってあんな優斗くんはじめてみたから。さっきも言った通り優斗くんは太陽みたいなたただから。とはいえ、私も実は優斗くんネガティブで深く考えちゃうタイプなんだろうなと、それはなんとなく気付いていて。

 

でも絶対に優斗くんそんなの見せないから。優斗くんの明るくて元気なイメージが壊されたのはちょっと悔しかったかな。

 

悔しかったけど、優斗くんの『覚悟』を見れたことは大きかったかな。あの中にいたら優斗くんってやっぱりどこか大人で。ものすごく俯瞰で客観的に自分のことみれるんだって分かった気がします。

 

優斗くんがお喋りが好きで、できもしないMCやるなんて大口たたいて、努力して努力して今のポジション築き上げたことも知っているから、優斗くんはバラエティで行くんだって私も思ってたし、それで良いと思ってました。

 

でも今回のこの出来事で優斗くんがお芝居をする楽しさとか、喜びとか気付けたならそれはとっても大きなことだと思ったんです。実はドリボの配役も心配してたから、ドリボに向けていいパスを出せたのかなって思います。

優斗くんが優斗くんらしく、お芝居と向き合っていければそれでいいんです。

 

ファンは優斗くんのやり方を応援するし、ついて行くし。若いんだからやりたいようにやってみればいいよ。もし間違った方向に行きかけても、優斗くんの周りにはそれを教えてくれる人もいる。だから取り敢えずいろんな先輩から、たくさん吸収して、優斗くんが優斗くんのブランドをもっと高められるように私は応援するしかないかなって。

 

 

冷静になったと言っておきながら書き始めたらいろいろ考えちゃって文章がボロボロだけど、このことを何年後かに笑って話せるように。思い出として残しておけたらいいな。

 

 

最後にここに残して置かなくちゃ行けないことがもう1つ。瑞稀くんの存在。

たぶん、本当に悔しかったんだと思います。負けず嫌いだし。

 

自担フィルターかかってるとは思うけど、あのインタビューでの優斗くんと瑞稀くんやっぱり他と違って重みがあったような気がして。

 

本人たちがそれほど全力で貰ったお仕事に取り組んで、本気で悔しかったんだって思ったんだけど、何度も見返すうちにこれ個人の思いだけじゃなかったのかなって気がしてきて。

 

あの時、2人はHiHi Jetsというグループを背負っていたと思うんです。アイマスクを外した瞬間、優斗くんと瑞稀くんはお互いをみていて。

それくらいHiH Jetsを大事にしていて、それくらいHiHi Jetsとして舞台に立ち続けて、いつかはスポットライトをあびたいんだなって。

2人のHiH Jetsとして這い上がる覚悟だったのかなって思います。

 

優斗くんを応援すると決めてから絶対にグループの箱推しはやめようって思っていたんです。だけど優斗くんと瑞稀くんだけじゃなくて、5人の「HiHi Jets」としてという想いが最近は特に、尋常じゃないくらい伝わってきていたから、私も覚悟してこの5人を応援していくことを今回、改めて決心しました。

 

 

優斗くんと瑞稀くんの経験は絶対にHiHiにとってもプラスになるから。今はそれが少し先の話になっただけ。

 

ファンはいつだって味方です。

HiHi Jetsの未来に幸あれ。

 

f:id:magnet_nejuhi:20180717192345j:image

嵐ファンからみた関ジャニ∞

 

他担が何言ってるんだよって思われるかもしれないけど、どうしてもこの気持ちを忘れたくないし、残しておきたかったので書かせていただきます。

 

私が嵐を好きになったのがちょうど嵐さんが10周年くらいの時。

好きになった当時はジャニーズでも嵐しか興味もないし、知りませんでした。

 

そんな私でも、わりとすぐに知ったのが関ジャニ∞

 

これ何を言いたいかというと、それくらい嵐と関ジャニが近い存在であったということです。

 

嵐しか追っていなくても、気づいたら隣に関ジャニ∞がいるんです。

 

特に私が好きになった頃はピークだったのかな。歌のおにいさんとか、クイズショウとか、映画だと大奥もありましたね。

 

当時の彼らだって、自分たちで主演をはれただろうに、こうやって嵐を引き立ててくれて本当に感謝しかないんですよね。

 

上から目線で何言ってんだって感じですね…ごめんなさい。

 

 

 

嵐と関ジャニの話はこれくらいにして、基本的にDD気質ではあるので関ジャニの番組もわりとみていました。

 

今回もMステ、クロニクル、MUSIC DAY。そして関ジャム。全て見させていただきました。

 

もう本当に1回1回の最後が全力でかっこいい。魂がこもってて、関ジャニ∞のファンって幸せなんだろうなーって。他担ながら心からそう思いました。

 

 

大倉さんがラジオで意外と泣いてない、前しか向いてない。なんてそんな話をするから私も笑って送り出したいな、なんて思っていたんですよね。

 

番組前半はみんな笑っていて、私もつられて笑えたんですけど、もうLIFEで号泣。

 

大倉さんに泣かされました。

 

昨日、あんなこと言っておいてずるいです。本当に。

 

1番笑ってるんですもん。

末っ子がお兄ちゃんの背中を押した瞬間。

笑って送り出した瞬間。

 

笑ってるくせに、めちゃめちゃ魂こもってて。

普通、あんなパフォーマンスできる人いません。それくらいずるかった。

 

たくさん夢を見させてくれて、たくさん音楽を届けてくれてありがとう。

嵐の戦友、仲間、同士になってくれてありがとう。

 

欲をいえば、最後に嵐と関ジャニ∞。12人が一緒にいる世界をみたかったけど、これはこちら側のエゴ。

 

 

感情のままに書いたのでぐちゃぐちゃな文章でごめんなさい。

 

 

 

 

最後に、関ジャニ∞に、渋谷すばるに幸あれ。

 

f:id:magnet_nejuhi:20180709005010j:image

オーディション

 

連投ごめんなさい。

でもどうしてもこれだけは今日中に残したかった。

 

優斗くんのドラマが決まりました。

 

f:id:magnet_nejuhi:20180621234304j:image

 

そのドラマも、シゲアキのドラマ出演の座をかけてのオーディションらしいですが、まず標への道に出演できることに、おめでとう。

 

出来レースだなんていう人もいるし、私も半分くらいはそうだと思ってるけど、それでも誰かが選んだわけで。

出来レースだったとしても、選ばれるということも彼の才能でもあると思うので問題はないです。

 

で、優斗くんの役は血液型の神と髙橋役。

1本は星座の神がみずっくんだって言うから、ここの掛け合いが本当に楽しみです。

 

みずっくんと優斗くんは3本、2人とも全て同じものに出るわけだけど、やっぱりHiHiのオタクだから気になるのは警備員。

 

当時、このお話に出ていた1人が今じゃ、嵐の振付師やってるんだから驚いちゃうよね。

 

怖い日曜日を深夜にみれる自信がないけど、優斗くんのためだもんね。ちゃんとみます。

 

 

ところで、私が優斗くん推しなのは今に始まった話じゃないけど、選抜された9人誰でもよかったね、って思える自信しかない。

 

3秒笑ってが可愛いニシタクちゃんと、全然笑わない織山くん。2人ともかげながら頑張れと思っていたし、みっちーは実績と信頼がある。長尾くんととあちゃんはスタ誕くらいしか印象がないけど、普通にお芝居はうまかった記憶しかないしね。

 

大昇やバブちゃんなんてまだ未知数なだけに楽しみだよ。

 

みんな、ジャニーズの将来を背負った子たち。誰になってもしっかりやってくれるよね。

 

しかも、青木アナがドラマ出演発表した時のみんなのお顔。本当にキラッキラで、やる気に満ち溢れててかっこいい(特にニシタクちゃんよかった)。

 

もちろん欲をいえば、優斗くん。優斗くんが駄目ならみずっくん。なんて気持ちがないわけじゃないけど。

駄目なオタクだから心のどこかでHiHi休ませてあげてと思っちゃうし、円盤買う金ないからやめて?とか思ってるけど。

 

なんだかんだ、優斗くんが選ばれたら舞い上がっちゃうんだよね。

 

優斗くんには心臓に病を抱えた玉森の弟役という役作りも必要だし、決して彼は器用じゃかないから心配しちゃうけど。

 

それでも優斗くんにとって、HiHiJetsにとってこのことがプラスにはなるはずだから。

 

 

優斗くんはじめとする、9人。本当におめでとう。